ページトップへ

スタッフブログ

  • 山代 優子自己紹介へ
  • 中古住宅をリフォームするメリット

  • 2017/03/04(土) 日々のこと

みなさん、「家を購入するなら新築でしょ!」と決めつけていませんか?確かに新築は美しく、自分の理想の家を建てることが可能ですし、新築を建てることは一種のステータスにもなりますよね。

 

そのため誰しもが一度は「新築でマイホーム」という夢を見ますよね。しかし、あまり知られてませんが中古住宅には新築にはないメリットがあり、リフォームやリノベーションを行うことでさらに魅力的になります。今回はそんな中古住宅をリフォームするメリットについて解説していきたいと思います。


・新築と比べて安い!
中古住宅の魅力はなんといっても新築よりも低価格で購入することができることです。新築で家を建てる際は、3000万円から少し高いと4000万ほどかかる場合がございますが、中古住宅の場合は2000万から2500万円ほどで購入できるのではないでしょうか。

 

リフォーム代を考慮しても新築よりも低価格で建てることができ、工事次第で自分の好きな間取りや、デザインにすることも可能ですので、新築にも劣らない価値をつけることが可能です。もちろんそれでも決して安い買い物というわけではありませんが、金銭的に少しでも余裕ができるのはいいことですよね。


・住みたい街に住める可能性が高い
家の購入を考える際に費用や耐久性自体の価値はもちろんのこと、「駅から近いところがいい」「おしゃれな街に住みたい」といった立地条件もすごく重要ですよね。そのような場所に新しく家を建てようと思ってもなかなか難しいものですが、中古住宅ですと費用を抑えることができますし、供給数も多いため人気の町でも住める可能が高くなります。


・生活のイメージが湧きやすい
新築の場合だと家を建てるまで時間がかかり、また完成するまでは間取りや家の雰囲気を確認することができません。しかし中古物件の場合だと、物件選びの段階で実際に中に入ることが可能です。インテリアや家のデザイン、間取りなど、そこで生活するイメージが湧きやすいのが中古住宅ならではの特徴です。



いかがでしたか?中古住宅は新築にはないメリットがあり、リフォームやリノベーションを同時に行うことで低価格で自分の理想的な家を建てるこも可能です。ぜひ一度ご検討して見てください。