ページトップへ

スタッフブログ

  • 梶本 由美子自己紹介へ
  • お風呂場をリフォームするメリット

  • 2017/03/10(金) 日々のこと

みなさんお風呂は好きですか?日本人は昔から温泉など湯船に浸かる習慣があり、小さいお子さんがいる家庭ですと一緒に入ったりして、入浴の時間は楽しい時間ですね。今回はそんなお風呂場の性能をもっとよくするためのリフォームについてご紹介します。宜しくお願いします。

1、安全性が向上する
みなさん交通事故と家庭内事故を比べたときどちらの方が亡くなられた方が多いかわかりますか?実は家庭内事故で亡くなられた方のが2倍近くも多いのです。家庭内事故の中でも溺死などお風呂場での事故が多く、特に注意しなければならないのがヒートショック現象です。

ヒートショック現象とは急激な温度変化によって体がダメージを受けてしまい、脳卒中や心筋梗塞を引き起こしてしまう現象です。高齢者が自宅で亡くなる原因の4分の1が、ヒートショックとも言われており大変注意しなければならない現象です。

F脱衣所に暖房設備を設置したり、浴槽や床を断熱材に変えるなどお風呂場のリフォームを行うことで温度差をなくしヒートショック現象を防ぐことができます。また高齢者の方や、小さいお子さんは床が滑りやすくなっていたり、浴槽の段差が高いと怪我につながる恐れがあります。リフォームを行い安全性を高めましょう。

2、入浴の時間が楽しくなる
リフォームすることでお風呂場が綺麗になったり、雰囲気を変えることができるのでいつもとは違う気持ちで入浴することができます。出産に伴い、お風呂を大きくすれば子供と一緒に入浴することもできますし、多少値は張りますがミストサウナなど最新設備をつけることでリッチなエステ気分を味わうこともできますよ。

・メンテナンスが楽になる
お風呂のリフォームを行うことで掃除などのメンテナンスを楽にすることも可能です。壁や床の素材を汚れがつきにくい素材や汚れが落ちやすい素材に変えることもできますし、浴室乾燥ができるようにすることも可能です。浴室乾燥があればカビの発生を防ぐことができるので、掃除する手間が省けますね。


いかがでしたか?入浴の時間は1日の疲れを癒す場所であったり、子供とのコミュニケーションの場でもあったりと生活に欠かせない場所ですよね。より快適により安全にするためにも一度お風呂場のリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか?