ページトップへ

アフターメンテナンス

LIXIL(旧)INAX製便器「ベーシア」のメンテナンス。

旧INAX便器 ベーシアで

「レバーハンドルが硬くなった。。。」という相談を2件続けて受けたので調査に行きました。





まずは、症状を診て。。。 なるほど。「大」で流すと 「カチッて引っ掛かりがある。。」

手ごたえからして、タンク内部のレーバーの歯車か? もしくは「フロート」。





このようにカバーされているタイプは

タンクがリフトアップできるようになっています。




ここのラベルに書いてあります。


これ、便座の「お掃除機能」でもあります。




この隙間も拭けるという機能です。


そして、問題のタンクは




無事上がって、カバーを取り外せるスペース確保。

カバーを取るとこういう構造。




この右下の部分はレバーの構造の中心。






ここの歯車に 油を与えてみる。。。

「シリコンスプレー」を 噴きかけてみる。。。


今回の症状はこの作業で無事解決されました。




ひと安心。

こんなお手入れも必要なんだと勉強になりました。


INAX製便器 ベーシアをお使いの皆様。

もしこんな症状が出れば、メーカーに依頼してお金払わなくてもなおせる かも?(原因によるのでその症状によります。)しれません。

一つ参考にしておいてください。


今回のクライアントさんは 築5年の方 と 築8年の方でした。

アフターメンテナンス