ページトップへ
自然素材リフォーム

自然素材リフォーム

自然素材とは、文字通り自然界にそのまま存在し、化学物質を添加していない材料のことで、漆喰や珪藻土といった左官材、イグサの畳や無垢の床材、植物油や蜜蝋なを原料にした塗料などが挙げられます。

調湿機能や消臭機能があるものもあり、有害物質を出さず室内環境を快適に保ってくれるので、人気が高まっていますが、定義があるわけではありませんので、成分などをよく確認する必要があります。

オールハウスでは、添加物のされていない天然由来の成分にこだわって素材選びをしています。

 

 

自然素材の壁

漆喰(しっくい)

漆喰は、古くから日本はもとより世界でも建築材料として使用されてきました。

石灰石を焼成・消化してできる消石灰が、空気中の二酸化炭素と反応して固まり、元の硬い石灰石に戻る性質を生かし、藁などの繊維(すさ)や海藻のりを添加したのが漆喰です。

姫路城

 

漆喰の特徴
  • 安全

漆喰はアレルギーの原因となる、ホルムアルデヒドなどの有害化学物質を含んでいません。また、非常に防火性が高く不燃材料に認定されており、火災になった場合も有毒ガスが発生せず延焼も防ぎます。役目を終えると自然に還るため、環境にも優しい素材といえます。

 

  • 調湿性・断熱性

漆喰の壁は多孔質なため、壁自体が呼吸をしています。湿気を吸収するので室内の空気をさわやかに保ち、冬場の結露も軽減してくれ、高い断熱性もあります。また、タバコなどのにおいや有害化学物質を吸着・分解してくれるので、お部屋の空気を清浄に保つことができ、モデルハウスにご来場されたお客様が「普通の家と空気感が全然違う」と言われることもよくあります。

 

  • 殺菌効果

鳥インフルエンザが発生した養鶏場に散布されているのは、漆喰の主原料である消石灰です。漆喰は強アルカリ性のため殺菌効果があり、アレルギーの原因となるダニやカビ発生も防止します。

 漆喰仕上げのLDK

 

  • デザイン性

漆喰には独特の風合いと質感があり、道具や塗り方で世界にひとつだけの自由な仕上がりを楽しんだり、色粉を混ぜてカラーバリエーションをつけたり、ガラスや石を混ぜたりすることもできます。

漆喰塗の壁

漆喰に石を混ぜて塗った壁

  

オリジナル漆喰『マインドウォール』

オールハウスでは標準でオリジナル漆喰『マインドウォール』を使用しています。人工化学物質が入っておらず、ぎんなん草などから作られた100%自然素材の漆喰です。また、どんな塗り方にするかのパターン打合せの際に、漆喰塗りを体験も行っています。DIYに挑戦するお客様もいらっしゃいました。

漆喰体験の様子

漆喰をDIYしているところ

 

珪藻土(珪藻土)クロス

 珪藻土は、植物性プランクトン(藻)が化石化したもので、多孔質であることから建築材料や七輪の材料、ろ過材などに使用されてきました。最近、吸水性の高さから珪藻土を使ったバスマットも人気ですね。オールハウスでは、その珪藻土を主原料とした壁紙『森の壁』を使用しています。

 『森の壁』の特徴

『森の壁』は、珪藻土のもつ機能がありながら、通常のビニールクロスと同じように施工できるので、予算を抑えることができます。デザインも塗り壁調になっており、風合いを楽しむことができます。

 珪藻土クロスを使ったLDK

 

  • 調湿・消臭・化学物質の除去効果

珪藻土の多孔質性により、調湿効果やホルムアルデヒドなどの揮発性有害化学物質を除去にも一定の効果を発揮します。また、森の壁はアンモニアなどの匂いも消臭することができ、特別養護老人ホームなどでも採用されています。また、森の壁には、マイナスイオンを発生する酸化チタンが混入されており、匂いや有害化学物質を光触媒効果で分解することができ、空気をより清浄に保つ効果があります。

 

  • カビの発生を防止

森の壁は、室内に一般的に見られるカビ菌(アオカビなど)5種に対し菌糸の発育が認められず、調湿効果も併せカビの発生を抑制します。

 

  • 安全

紙と珪藻土が主原料になっているため、火災や廃棄の際に有害物質が発生する心配がありません。オールハウスではクロスを貼る糊にもこだわっており、昔ながらの製法で作られ、主原料に小麦、タピオカ、コーンスターチに酢を加えているだけの安全なでんぷん糊を使用しています。

 

自然素材の床

無垢材の床は吸放湿性があり、肌触りが優しくあたたかみがあるのが特徴で、冬場でもヒヤリとした感じがありません。材種によって木目や色合いが異なり、人気のパイン材は節が多いですがそれも味わいのひとつです。その肌触りの柔らかさから、小さなお子様やペットも安心して遊べます。

無垢のフローリング

キズが入るのを心配される方もいらっしゃいますが、無垢の木は生きているので、繊維が水を吸い込めば膨らみます。浅いキズであれば濡れたティッシュを1晩置いておくだけで目立たなくなることも。。。深めのキズであれば、水で濡らし、その上に濡れたタオルを置いて、その上からスチームアイロンをかけると元に戻りますのでご安心ください!

また、既製品は時間が経ちキズが入ると、古く汚い印象になりますが、無垢の床は、キズや日焼けも味わいが増したように感じることができます。

 オールハウスでは、標準仕様はパイン材ですが、木目や色合い・硬さなどのお好みにより、いろいろな材種からお選びいただけます。

ナラ材を使ったLDK

ワックスも自然素材

オールハウスでは、床の塗装やワックスも自然素材からできた物を使用しています。野菜などから取れた100%植物由来の油でできたワックスで、シンナーなどの溶剤は一切はいっておらず、おもちゃや食器にも使用でき小さなお子様が施工面をなめてしまっても安全です。

  

自然素材からできた塗料

床や造作材に塗装をする塗料も自然素材から作られたものにこだわっています。匂いがきつく、体に悪影響があるシンナーなどの化学物質が入っておらず、植物油と植物性ワックスをベースに作られており、無垢材の良さを最大限に引き出してくれ、人にも環境にも優しい塗料です。家族が集まるLDKや、寝室・子ども部屋に使っていただいても安心です。

LDK塗装例

床で遊ぶ犬

 

自然素材リフォームの事例はこちら

自然素材リフォームに関する資料請求はこちら

自然素材リフォームに関するご相談はこちら