ページトップへ

自然素材

自然素材へのこだわり

健康はお金には代えられない

『家族の健康を守るためには、まず家が健康でなければならない』
オールハウスが家づくりの根本に置いていることです。

健康な家とは、シックハウスの原因となる化学物質の含有量が、極めて少ない家のこと。かつて、木、竹、土、紙など100%自然素材を使って建てられていた日本の家は、いまや建材、塗料、断熱材などに多くの化学物質を使用しています。もはや化学物質抜きで家は建てられないというのが、業界の常識でさえあります。

健康はお金には代えられない

なぜ化学物質抜きでは建てられないのか。
「その方が安いコストで安定した材料を供給できる」「劣化しにくい」「害虫を寄せつけない」など、もちろんそこには正当な理由があります。しかし化学物質によって誘発されたアトピーや喘息、アレルギーに苦しむ人が大勢存在していることもまた、事実です。

だからオールハウスは、極力化学物質を減らしていく決断をしました。その上で、コストや劣化などの問題を考えていきます。なぜなら、健康はお金には代えられないからです。