ページトップへ

収納スペースを増やしたい

住みやすいマイホームも家族の人数が増えるほど収納スペースに悩まされるようになるケースがあります。

収納スペースが家族の人数の割にすくない家は、生活雑貨などが居住スペースに溢れ、スッキリと整頓できないので雑然とした空間になってしまいがちです。

収納家具を購入しても居住スペースを圧迫してしまいますし、費用もかかってしまうので、スッキリ収納できる収納スペースをリフォームで増やすことをおすすめします。

 

 

 

 

 

デッドスペースの活用

階段下収納

階段下のスペースを棚収納にするというのは大変有効なリフォームです。

階段下収納

階段下はスペースが生かされていないケースも多い上に、リビングや玄関から死角になり見えにくいところですので棚収納を取り付けることで目立たずかなりの収納量を確保することができます。

 

 

 

ロフト収納

ロフトは普段目に触れない場所ですので、大きな荷物や普段使わないシーズンオフのものなどを収納することで便利なスペースとして活用することができます。

お子様のお部屋では、下を収納や学習スペース、上をベッドとして使うこともできます。

ロフトベッド

 

 

床下収納

床下は多くのご家庭でそのままデッドスペースになっていることが多く、空間が空いておりますので、そこに収納設備をつくればかなりの量の荷物を収納することができます。

また、スキップフロアや畳コーナーを作ることで、その下を収納として活用することも。

畳コーナー収納

 

 

 

小屋裏収納

屋根裏部屋を作って収納スペースにするケースもあります。

屋根裏は屋根の形状にもよりますが広いスペースがある場所ですので、大型のものを収納することができます。

はしごなどを使って上り下りしますので、普段使わないもの等を収納しておくのが良いでしょう。
小屋裏収納のある部屋

 

 

 

使用頻度の高い物を入れる収納

ウォークインクローゼット

人がはいれるほどの広さがあるウォークインクローゼットを玄関や寝室に取り付けると大収納の中に衣類等をスッキリ片付けることができ、今人気のリフォームです。

寝室だけでなく廊下からも入ることができるウォークスルータイプにしたり、洗面室や洗濯を干すスペースの近くにファミリークローゼットを設けるのも便利です。

ウォークインクローゼット

 

 

 

 

収納を増やす場合はただスペースを広げるだけでなく、使用頻度や動線などからどこに何をしまうかを考えることが大切です。限られたスペースで収納力をアップするアイテムもたくさんありますので、それらも活用しながら計画していきましょう^^

 

 

 

収納力アップリフォームの事例はこちら

収納力アップリフォームに関する資料請求はこちら

収納力アップリフォームに関するご相談はこちら